読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スカブロ

ハードコアデザイン結社「NC帝國」のNasosが書くブログ。

USAO×MNKグラフィグの出来るまで

USAO×MNK「BREAKOUT」の巨大ロボ2体のグラフィグを作りました。その出来るまでを今回もざっくり紹介。

まずキャラデを元に鉛筆でぐりぐりラフを描いて、完成形のデザインを考えます。が、描いたはずのラフが見つからなかったので続けて次の工程へ。

描いたラフを眺めながら各面のデザインを作ります。向きを揃えた方がデザインしやすいので、この段階ではまだ各面バラバラ。

f:id:nasos:20150113233739j:plain

出来上がった各面のデザインをテンプレートに配置しつつ、必要な箇所にツメや差込口を追加。この時ついでに各ツメと差込口をナンバリング。

f:id:nasos:20150113234125j:plain

これをA4数枚に適当にレイアウトしてプリントアウト。組み立ててデザインや構造を確認します。

f:id:nasos:20150113234339j:plain

気になった部分は若干手直ししつつ、パッケージ上に各パーツをテトリスのごとくレイアウト出来れば完成です。NC帝國グラフィグデザイン用のテンプレートデータを公開してるので、みんなもオリジナルデザインのグラフィグを作ってみよう。

あと、今回のは比較的単純な構造で作ってますが、市販のグラフィグたちにはトリッキーな構造がバンバン使われてたりするので、その辺気になる人はgraphig.netのラインナップも覗いてみると面白いかも。